FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

HGUC NZ-666 クシャトリヤ



HGUC NZ-666 クシャトリヤ

製作期間は、3週間くらいで出来たのは2週間くらい前です。

作るのは、本当に色々な意味で大変でした。
まず、細かい塗装からざっくりとした塗装まで本当に勉強になるキットでした。

細かい塗装と言えば、袖の塗装でした。
本当にどうしようかずっと悩んでいまして、、
最終的にエナメルを使った塗装にしました、、

今回、初めてエナメル塗料を使ったんですが、
アクリルとエナメルを組み合わせて塗装するとこんなにも楽だとは思いませんでした。。

袖部分の塗装が思ったよりも楽に出来たので本当にやっていて感激しました、、



意外と手間がかかったのが、濃緑色でした、、
塗料によって乾きの良い塗料と乾きの悪い塗料があると思いますが、
この濃緑色は、乾きの悪い塗料の方でした、、

今の季節だと大体の塗料は塗って15分くらいでほぼ乾いてくれますが、
この濃緑色は、1日乾燥させないと乾いてくれませんでしたので
作業時間が思ったよりかかってしました、、



後は、バインダーの塗装です、、
これは、本当に疲れました、、

筆塗装なので手首が痛かったです、、、
普段は、塗料の匂いなんて気にはならないのですがこの時はさすがに参りました、、

目が痛くなり気持ち悪くなってしまうくらいの塗料の量でした、、



全体のプロポーションは、基本的にはとても良いのですが、
もう少し太ももが太かったら完璧だったかと思います。

作っていて思ったのが、意外と腰が細いです。
この細さで強度は大丈夫かと思うくらい細いです、、

ここももう少し太くても良かったかなと思いますね、、



このキットは、本当によく出来ていると思います。
大きさは勿論ですが、細かなギミックやバインダーの重さに耐えれるだけの
強度とバランスなど本当によく計算されていると思います。



この機体がキット化されたと聞いた時は、本当に嬉しかったです、、
作るのに大分時間はかかりましたが、本当に作って良かったと思っています。



最後にユニコーンガンダムの小説を読んだ時にこの機体のすごさに衝撃を受けました。
その時からキット化されたら良いなぁってずっと思っていたので本当に作れて
良かったです。

また、自分的にはこの袖付きの機体はギラズールもですがデザインはすごく好きです。

シナンジュやローゼンズールやデルタプラスなどももHGUC化される事を機体しています、
スポンサーサイト
category
HGUC クシャトリヤ
genre
趣味・実用
theme
ガンプラ制作
Relation Entry

Comment

Trackback

http://gunpurablog99.blog66.fc2.com/tb.php/86-e7fbfa65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。