Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

1/144 Hi-νガンダム その9

Hi-νガンダムの製作記は今回で最終回となります。

長々とお付き合い頂きましてありがとうございます。
今回は、ファンネルの塗装とファンネルラックの塗装とシールドの塗装となります。

Hi-ν-21

ファンネルは、本当に地獄でしたね。
よくνガンダムを作られた方が言っておられるファンネル地獄とは
まさにその通りでとにかく面倒な作業でした。

しかし、これでやっとHi-νガンダムになりました。
本当に苦労しました。
妥協せずに時間をかけてここまで来ましたので
これまでに頑張ってきた作業が一気に頭をよぎる感じがしました。

Hi-ν-22

反対側から見た感じです。

これで残すは、デカールとつや消しになります。
完成の写真は、ギャラリーにて公開する予定です。

製作期間は、2008年10月?2008/12月と2ヶ月かかってしまいましたが。
いつも模型誌などでプロの方の作品を見て自分も普通にキットを作る楽しみから
自分だけのオリジナルの機体を作りたい衝動に駆られまして実行してみました。

これを読んでくださった方がこれなら自分も出来ると思って頂き後にこんなのを作ったよと
コメントでも結構ですので頂ければ幸いです。

模型は自分との闘いであるとつくづく思い知らされました。
興味の無い方から見ればただの工作に思えるかもしれませんが。
実際にやってみると自分だけのドラマが出来上がる事の事実も知りましたし
やり切った達成感もあります。

自己満足かもしれませんが、これが”物を作る”と言う事なんでしょうね。
スポンサーサイト
category
1/144 Hi-νガンダム

1/144 Hi-νガンダム その8

今回は、足の塗装になります。

頭部は、νガンダムのまんまなのですが。
色を変えるだけでも大分変わります。

Hi-ν-18

胸部のマシンガン部分は、νガンダムのまま残して付属のシールを貼っています。
頭部の目も同様でデザインナイフで目の部分を切り抜きピンセットで貼っています。
以前は、目の部分も塗装していたのですが。
シールの方が格好良い事に気が付きまして、
光を当てた時にキラっと光るのが良いですよね。

Hi-ν-19

足の塗り分けも結構、大変でして。
ふくらはぎの部分のスジ彫りをしてから塗装をしました。
実は、ここの塗り分けには本当悩みまして。
1度塗装したのですが、気に入らなかったので塗装を全て剥がして
再塗装しています。
ここまで来たら妥協なんて出来ません。

Hi-ν-20

ふくらはぎの部分に追加したSDディスティーのパーツの内側にバーニアを接着して
塗装しています。
膝の関節のパイプ部分にもシルバーとゴールドで塗装をしています。

プロペラントタンクにも白の塗装をしています。
残すは、ファンネルとファンネルラックとシールドのみとなります。
category
1/144 Hi-νガンダム

1/144 Hi-νガンダム その7

いよいよ塗装です。

色分けなどが色々考えていまして、スジ彫りをしながらの塗装となりました。

まずは、胸部と肩からの塗装です。
塗装をする前にマスキングテープでスジ彫りに合わせて貼っていきます。
デザインナイフを使ってゆっくりと彫っていきます。

胸部のスジ彫りは思ったよりも難しかったです。
彫った後、塗装をしました。

Hi-ν-16

色を塗るとやはり緊張します。
ここでミスをする訳にも行きませんので丁寧に色を重ねていきました。

Hi-ν-17

次は、頭部と腰、腕の色を塗っていきました。
腰部のフロントアーマーも胸部と同様で色を塗る前にスジ彫りをしました。
塗装が乾燥した後、スミ入れをします。

肩の部分にも余っていたパーツを接着していまして、
ちょっとボリュームを出しました。
足がゴテゴテしましたので肩もバランスを取る為にパーツを接着しました。

筆塗装ですので、塗装の時間がかなりかかっています。
category
1/144 Hi-νガンダム

1/144 Hi-νガンダム その6

今回は、ファンネルの装着です。

課題としては、「ファンネルの稼動」です。
MGのようにファンネルの角度を変えたかったのでMGパーツをその
まま使う方向で改造をしました。

まず、MGパーツのファンネルの連結部分を平らに削りました。

その次にファンネルを閉じた状態にしてピンバイスで穴を開けていきます。
ファンネルの稼動部分にあたる部分に穴を開けてそこにプラ棒を差し込んでいきます。

うまく差し込めれば接着剤で接着していきます。

ファンネルラックの連結部分は、元々穴が開いていましたので加工の必要はありませんでした。
そこにファンネルから飛び出しているプラ棒を差し込んでファンネルの装着が完了です。

Hi-ν-12

ようやくHi-νっぽくなってきました。
ここまで来たんだなとちょっと感動に浸ってしまいました。
製作している時には、1/144モデルのHi-νガンダムがキットでは存在しなかったので
絶対作ってやると言う気持ちばかりでがむしゃらにやっていました。

Hi-ν-13

心配だった自立の問題もどうにかクリア出来たようなので本当にホッとしました。

Hi-ν-14

全体にサフを吹いて細かなチェックを行っていました。

Hi-ν-15

反対側からの画像です。
これでようやく塗装に入れます。

頭部の改造なのですが、本当は後頭部にパテを盛って挑戦したのですが。
上手くいかず断念してしまいνガンダムの顔のままいく事にしました。
category
1/144 Hi-νガンダム

1/144 Hi-νガンダム その5

今回は、足です。

元のνガンダムの足のデザインがどうしても寂しかったのでちょっとゴテゴテに
してやろうと思いまして、スジ彫りと余りパーツの接着によって改造しました。

Hi-ν-9

初めてのスジ彫りの挑戦でして、
マスキングテープを2重に貼ってテープに沿ってデザインナイフで彫っていきました。
”けがき”があればもっと綺麗に彫れるかと思いますが、
手元にありませんでしたのでデザインナイフで彫っています。

正直かなり勇気がいりました。
失敗は出来ませんので、慎重にゆっくりとデザインナイフを使って彫っていきました。

彫る際は、指を切らないように気をつけてくださいね。
出来るだけゆっくり彫っていくと怪我をしないで済みます。

Hi-ν-10

同様にもう一つの足も彫っていきます。
ふくらはぎの部分には、SDディスティーガンダムのパーツを貼って内側にバーニアを
追加する予定です。

オラ設定ですので、やりたいようにやれば良いのでとにかく足をゴテゴテにしました。
スネの部分は、HGダブルオーのパーツ流用だったと思います。

この時に腰のフロントアーマーにパテを盛って延長をして先を尖らせた後、
サイドアーマーの内側を紙やすりで削りフィットするように改造しました。
category
1/144 Hi-νガンダム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。